calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

plofile

categories

latest entries

recent comments

recent trackback

recommend

ARCADIA   (CCCD)
ARCADIA (CCCD) (JUGEMレビュー »)
ジャンヌダルク,yasu,kiyo
yasuさんのボーカルを堪能したい方には、個人的にこのアルバムをお勧めします。yasuさんの声の持つ様々な表情を感じられる曲が揃っています。
全体的にも、不協和音が美しい「心の行方」shujiさんが叩きたくないと思わずもらすほどの最速ツーバス、youちゃん作曲の「WIZARD」など1曲1曲の個性が非常に強いアルバムだと思います。
Z-HARD
Z-HARD (JUGEMレビュー »)
ジャンヌダルク, yasu, Shinobu Narita, kiyo, Masao Akashi, Takeyuki Hatano
このアルバムの収録曲は、本当にライブ映えする曲達ばかり。私の中でライブで化けた曲と言えば「prism」と「Liar」でしょう。
ジャンヌを語る上で外せない曲「救世主−メシアー」も収録。この曲は、この時代のジャンヌが世間と音楽業界に「孤独な戦い」を挑んでいた象徴のような気がします。だからこそ私は、ライブでのこの曲の一体感が感動的に思えるのです。
D・N・A
D・N・A (JUGEMレビュー »)
ジャンヌダルク, kiyo, 秦野たけゆき, yasu, 明石昌夫, you
今までのフルアルバムの中でも、初めて聴いた時の衝撃はこのアルバムが1番ではないでしょうか。
インディーズでの流れをふまえつつ、かつハードな面も切ない面もより強調されていてJanneDaArcとしての成長を感じました。メジャーデビューするとはこういうことなのか!と妙に納得。どの曲も全く色褪せませんが、個人的にはring,
JunkyWalker,
Lunatic Gateがお気に入りです。
CHAOS MODE
CHAOS MODE (JUGEMレビュー »)
ジャンヌダルク, yasu, kiyo
初プロモ!「R−TYPE〜瞳の色」が入ってます。2005年の城ホールの1曲目に「Strange Voice」が来た時はほんとに鳥肌ものでした。そうそう、この時yasuさんの頭はやきそばです(笑)
Resist
Resist (JUGEMレビュー »)
ジャンヌダルク, yasu, kiyo, you
言わずと知れた名曲
「Stare」が入っているのがこのアルバム。でも私にはyasuがkiyoをつなぎとめた(?)必殺「Lady」もなくてはならない1曲です。
Dearly
Dearly (JUGEMレビュー »)
ジャンヌダルク, yasu, you, kiyo, ka-yu
私がジャンヌを知った記念すべき1枚。
つくづく名曲揃いですが、私はSpeedでka−yuさんにはまったと言っても過言ではないでしょう。
容疑者Xの献身
容疑者Xの献身 (JUGEMレビュー »)
東野 圭吾
個人的には、湯川先生は
谷原章介さんがはまり役だと思うんだけどな〜。
変身
変身 (JUGEMレビュー »)
東野 圭吾
主人公を玉木宏に当てはめて読むと、想像だけで玉木宏に
恋することができました。

links

archives

search

mobile

qrcode

sponsored links

others

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | スポンサードリンク |

楽園にいたい

JUGEMテーマ:音楽


今日も仕事でやらかしました。
単純に自分のミス…なんだけど、
自分としてはしっかりやってたはずなのに、
隙があったというのが悔しくて、
さらに上司に嫌味を言われて悔しさ×2…どころか悔しさ×100。
そんな中、頭をぐるぐるしてたのは、なぜか楽園。
いらいらしてる時は、楽園がなぜか心地よいようです。
ご飯したくしながらエンドレス楽園。
「なんでもあるのに…愛がねぇ!!!!」とばかりに作ったら、
必要もないのにたまねぎみじんぎり(汗)

ただ、昨日からミクシィ上ですごいことがあり、
いらいらが飛んでいきそうです。
むしろ感謝と感動で涙が出そうです。
kamiさんは、天国にいても粋な人ですね。
どこにいても、kamiさんの周りには
こうしてたくさんの人が集まるんだろうな。
| 音楽 | 21:46 | comments(0) | ゆうたん |

kamiさん大好きでした

「Gackt 亡き親友のために熱唱 」という記事をミクシィで発見。

この記事、ちょっと涙出そうでした。
kamiさん亡くなって、もう9年は経つんだな〜。
大学1年の時だもんな。あれ?大学2年?
実はもうkamiさんの年を越えてしまったのかも。
そう考えると不思議でなりません。
Gacktが大河に出演したの、
kamiさんはきっと羨ましく思っていたんだろうな(笑)
前にインタビューで、
「少し年をとったら、娘の婿と縁側で将棋でもしながら暮らしたい」
みたい発言をしていたことを、しみじみ思い出しました。
SHOXXで軍服を着ていた時のインタビューだった気がする!
実家帰ったら探してみよう。
探してみて、実は全然発言違ったらどうしよう…。

kamiさんとGacktのドラム+ピアノデュオ
(デュオっていうのか??)を
久しぶりに聴きたくなってきました。
歌うように叩くドラマーは、私には今でもkamiさんだけです。
JUGEMテーマ:音楽


| 音楽 | 12:11 | comments(2) | ゆうたん |

妙なつながりで

10年近く前に何度か一緒にライブに行ったことのある
友達の友達(ややこしい)とマイミクさんになったんですが、
そのマイミクさんの好きなミュージシャンに懐かしい名前を見つけました。

杉本善徳

おぉ!!善徳くん!!
こないだ妹の家に遊びに行った時に、車でかかってたのが
善徳くんが10年くらい前にやっていたバンド、Ray。
そのうちメンバー2人が、その後CUNEというバンドを組んでて、
うちの姉妹3人は、そろってCUNEも聴いてました。
そのCUNEのベースの泰造くんが、今善徳くんと一緒に活動しているらしい。
懐かしいな〜。嬉しいな〜。
たぶん同世代なんだよね。
妹「善徳って今どうしてるの?」
私「なんか、個人名義でソロで頑張ってるらしいよ〜」
って会話をちょうどしたばっかりだったので、
タイムリーな善徳ファンの出現にびっくり。
一応ホームページもちら見してみた。
相変わらずネクタイしてるのね〜。あぁぁぁ。
ちら見しただけで、曲はまだ聴いてない。
yasuよりすごいタイトルつけるな〜(笑)

ボーカルの亮くんは元気かな〜。
(家での呼び方は、亮三くんではなくRayの時からずっと亮くん。むしろ亮。)
亮くんの声は、何年たっても色あせないです。
Rayの時のちょっと細い歌声も、せつなくて良かったな〜。
私の中で、数少ない「歌声だけを聴いていたいボーカリスト」なのです。
オケなしで、歌だけに集中して聴きたくなる。
私には珍しいことなんですよ〜。
| 音楽 | 22:07 | comments(0) | ゆうたん |

奇跡

…に近いことなのかなと思います。

SIAM SHADE復活ライブ

リアルタイムでSIAM SHADEはほとんど聴いてなくて、
ただ唯一PASSIONだけは、バンド時代の友達と盛り上がった思い出の曲で。
(唯一の思い出がPASSIONってのもウケますが)
陸さんの影響で聴くようになったバンドなのですが、
今まで耳にした音楽の中で、
1番ジャンヌに通じるものがあるように思った。
ハードなオケにメロディアスな歌メロ。
個人的に「1度生で見てみたかったバンド第1位」にランクインしているバンド。

ライブが日曜だから、次の日の月曜の休みをとらなきゃ到底行けないんですが
今の雰囲気では休みがとれるのかどうか…。
しかし、ここで使うか秘密兵器

「東京で友達の結婚式があるのでお休みいただけますか」

前の仕事の時も、これで数回乗り切ってきたのですが(暴露)
結婚式が通用するのかな〜。不安。
チケットとれるかどうかもわからないけど、
このチャンスを逃すと後悔しそうだな・・・。
| 音楽 | 00:50 | comments(2) | ゆうたん |

歌姫

週末のMステで、ステファニーさんという方の歌を聴いたのですが、
私のイメージするレイラの歌声にぴったりでびっくり。
美しいんだけど強くて芯のある声。
これならトラネスのロックな曲調に消されることなく
美しい歌を主張できるなぁ。
歌姫ってほんとにいるんですね。
| 音楽 | 14:17 | comments(0) | ゆうたん |

Breakアウト祭り

これかなりkiyoのまねなんですけど、
「BreakOut祭り」で検索してくれてる方を発見(笑)!!!
私、どこでBreakOutネタ書いたかな〜。
武道館で歌う赤いシャツのyasuのこと書いたっけな〜。

こないだ実家で妹が、
BreakOut名義(?)の札バンのCDを発見!!
超懐かしいじゃないですか!!
しかも今聴くと、たいしてうまくないバンドもちらほら!!(失礼)
でも当時本命じゃなかったバンドさんでも、意外と曲覚えてるものですね。
対バンでよく見てたからかな〜。
当時のバンドマン、みんな若いのにほんとに頑張ってたんだな、と
思い出すとある意味頭の下がる思いです。
個人的にemuというバンドが懐かしかった。
数回しか見たことはなかったんだけど、
やろうとしてる音楽はレベル高いように思いました。
初めて見たときに、他のバンドを食っちゃったよ〜!!
って思ったことを思い出してしまった。



続きを読む >>
| 音楽 | 13:33 | comments(2) | ゆうたん |

Cryforthe・・・

今日はジャンヌネタじゃないよ〜。

こないだ久しぶりに来札した妹と、
昔はまってたバンドについて熱く盛り上がったわけですが、
ROUAGEの「Cryforthemoon」
これは名曲ですよ!
なんかね、私ギターソロ今でも思い出せるくらい聴いてた。
(RAYZI好きでした)
展開とか、曲を盛り上げるために当時のメンバーが
一生懸命考えた感が、すごい伝わってくる。
っていうか、めちゃめちゃストレートな曲なんですけどね。
当時高校生だった私は、
「Criforthemoon」って意味を辞書で調べて
きゅんとしたりしてましたよ〜。
確か、かなわないものを強く望む、とかそんな意味でした。懐かしいわ。

ROUAGEって、なんかとても一生懸命なバンドでしたよね。
このニュアンス、誰かにわかってもらえるだろうか。
して、KAZUSHIってなんていい男なんだろう、という話で盛り上がり…。

続きを読む >>
| 音楽 | 18:47 | comments(0) | ゆうたん |

パレード

GO!GO!7188のニューアルバム 
「パレード」を ここのところ毎日聴いております。
すごくポップになったとの前評判だったので
正直警戒していました。 メンバーさんからもポップという言葉が出ていたし。

最初は正直あんまりひっからなかった。
でも、いい感じで味がでてくるするめアルバム。
「近距離恋愛」とか「映画と雨降りの朝」とか
個人的に名曲ではないかと思う。
確かに雰囲気が変わったなぁとも思うけど(和風が薄れた感じ??)、
どポップじゃない、GO!GO!的ポップで安心。
むしろ曲によってはマニアックじゃ??という雰囲気も漂う。
最近はほんとにお気に入りです。

来月のライブ行きたいなー。
前回初めて行ったけどすごい楽しかった。
周りの若者を気にせず
一人で暴れて無駄に筋肉痛。 浮いてたらごめんなさい…。
でも今回のツアーは、暴れるって感じじゃないのかな??

ベースのあっこちゃんがご結婚されたそうです。
なんだか自分のことみたいに嬉しかった。
(ちょっとおおげさ?)
でも、同い年だし結婚したのも1ヶ月違い。 ていうか半月違い?
なんだかすごく親近感。
あっこちゃんも私も素敵な新妻になれますように☆
| 音楽 | 17:40 | comments(0) | ゆうたん |

懐かしカラオケその2

ただ今のBGMはL’Arc〜en〜CielのTierraです。

今日の懐かしカラオケで、またしても
Blurry Eyesの本人映像にしてやられました。
あの時のhydeくんは、まぎれもなく私の青春!!
なんか、16才という多感でミーハーな時に
あの妖精みたいなhydeに出会えて良かったとしみじみ思ってしまう。
あの、ズボン(パンツか)の上にロングの巻きスカートとか
本気で真似しようと思ったもんなぁ。
ふわふわウェービーヘアにしたいと本気で思ったもんなぁ。
夜の遊園地に憧れたもんなぁ。
地味にtetsuにも憧れて、
ストライプのワイドパンツにサスペンダーとかしたいと思って
本気でお店探しまわったもんなぁ。

こんな申し訳ないくらいのミーハーファンではありつつも、
tetsuのベースラインにはすごく影響受けてました。
刻むギター+動くベース。
当時まだまだ音楽を聴いたことのなかった私にはすごく新鮮だったんです。
今聴いてもtetsuのベースは素直に好きだと思う。

ただ、私が持ってるラルクの音源ってすべてテープなんですよぉぉぉx。
もう音、超劣化してるの。
この勢いが持続してるうちに、CD借りてしまおうか。
Inner Coreとか本気でマニアックでいいなぁ。

ちなみに歌った曲はこちら↓
続きを読む >>
| 音楽 | 22:55 | comments(6) | ゆうたん |

Que Sera Sera

ex La’Cryma Christi
 現ALvinoのギタリスト、KOJIさんの手記を読みました。
とは言ってもまださらりとしか読んでいない段階。
でも、すごく考えさせられる内容。

ひとつ、強く感じたこと。
脱退、解散。
JanneDaArcという、自分の核になるバンドがある私としては
もしジャンヌが…と考えるとこの言葉はほんとに恐怖でしかない。
でももし、万が一、メンバーがそういう選択をしたら自分は
受け止めなければならない。それがそのメンバーを応援するということ。
メンバーも、できればそういう結果にはしたくない、と
そこに至るまで悩んで、回避しようとする努力も精一杯してきたこと、
その結果を受け止めなければいけないと思った。

続きを読む >>
| 音楽 | 21:55 | comments(2) | ゆうたん |