calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

plofile

categories

latest entries

recent comments

recent trackback

recommend

ARCADIA   (CCCD)
ARCADIA (CCCD) (JUGEMレビュー »)
ジャンヌダルク,yasu,kiyo
yasuさんのボーカルを堪能したい方には、個人的にこのアルバムをお勧めします。yasuさんの声の持つ様々な表情を感じられる曲が揃っています。
全体的にも、不協和音が美しい「心の行方」shujiさんが叩きたくないと思わずもらすほどの最速ツーバス、youちゃん作曲の「WIZARD」など1曲1曲の個性が非常に強いアルバムだと思います。
Z-HARD
Z-HARD (JUGEMレビュー »)
ジャンヌダルク, yasu, Shinobu Narita, kiyo, Masao Akashi, Takeyuki Hatano
このアルバムの収録曲は、本当にライブ映えする曲達ばかり。私の中でライブで化けた曲と言えば「prism」と「Liar」でしょう。
ジャンヌを語る上で外せない曲「救世主−メシアー」も収録。この曲は、この時代のジャンヌが世間と音楽業界に「孤独な戦い」を挑んでいた象徴のような気がします。だからこそ私は、ライブでのこの曲の一体感が感動的に思えるのです。
D・N・A
D・N・A (JUGEMレビュー »)
ジャンヌダルク, kiyo, 秦野たけゆき, yasu, 明石昌夫, you
今までのフルアルバムの中でも、初めて聴いた時の衝撃はこのアルバムが1番ではないでしょうか。
インディーズでの流れをふまえつつ、かつハードな面も切ない面もより強調されていてJanneDaArcとしての成長を感じました。メジャーデビューするとはこういうことなのか!と妙に納得。どの曲も全く色褪せませんが、個人的にはring,
JunkyWalker,
Lunatic Gateがお気に入りです。
CHAOS MODE
CHAOS MODE (JUGEMレビュー »)
ジャンヌダルク, yasu, kiyo
初プロモ!「R−TYPE〜瞳の色」が入ってます。2005年の城ホールの1曲目に「Strange Voice」が来た時はほんとに鳥肌ものでした。そうそう、この時yasuさんの頭はやきそばです(笑)
Resist
Resist (JUGEMレビュー »)
ジャンヌダルク, yasu, kiyo, you
言わずと知れた名曲
「Stare」が入っているのがこのアルバム。でも私にはyasuがkiyoをつなぎとめた(?)必殺「Lady」もなくてはならない1曲です。
Dearly
Dearly (JUGEMレビュー »)
ジャンヌダルク, yasu, you, kiyo, ka-yu
私がジャンヌを知った記念すべき1枚。
つくづく名曲揃いですが、私はSpeedでka−yuさんにはまったと言っても過言ではないでしょう。
容疑者Xの献身
容疑者Xの献身 (JUGEMレビュー »)
東野 圭吾
個人的には、湯川先生は
谷原章介さんがはまり役だと思うんだけどな〜。
変身
変身 (JUGEMレビュー »)
東野 圭吾
主人公を玉木宏に当てはめて読むと、想像だけで玉木宏に
恋することができました。

links

archives

search

mobile

qrcode

sponsored links

others

<< 思うこと | main | ベーマガゲット!! >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | スポンサードリンク |

苦くもソフトな「初恋」

映画版「初恋」見てきました。
あ、もしこれから見たいという方はスルーしてくださいね。








小説よりも少しソフトな印象。
後でちらし(?)を読むと、
「宮崎あおいは原作のみすずよりソフトなイメージで、優しい目をしている」
という監督のお話が。
あのソフトさは、宮崎あおいの持つ独特の雰囲気から来ていたのかな。
ほんとに、目だけで演じることもできるし、いろんな表情を持ってますよね。

私の中の岸は、前髪じゃまくさそうで色白な文学青年だったんですけど、
小出恵介くんの髪は…7:3?それとも8:2??
そこらへんちょっとつっこみたかったけど(笑)、
でも喋り方は私の中の岸のイメージに近くて良かったです。

そうそう、お兄ちゃん宮崎将さん!
きれいな方ですね〜。やっぱりあおいちゃんと似てますね。
すごく素敵なたたずまいで。また映画で見てみたいです。
以前にも2人は共演されてるんですよね。
知らなかった自分がショック。機会があれば見てみたいです。
原作では、亮がお兄さんだということは、終盤でやっと明かされるのに、
映画では最初にすんなり出てきてちょっとびっくり。
原作読んでた時は「えぇぇぇぇぇぇぇっ〜!!?」と思った所だっただけに。

原作では亮が岸に、みすずには指1本触れるな、みたいこと言ったり
するシーンありましたよね?岸の回想(手紙?)かな?
そういうこまかい所(岸がみすずに近付いた理由とか)が
なかったし、みすずの喪失感を表すシーンも少なかったけど、
その少ないシーンの中で、喪失感と、それを受け止めつつ前を向いている
みすずがすごく伝わってきた。素敵な映画でした。
原作もう1回読みたいな。
| 映画 本 | 21:42 | comments(0) | ゆうたん |

スポンサーサイト

| - | 21:42 | - | スポンサードリンク |

Comment

Send a message










Trackback URL

http://akanegoto.jugem.jp/trackback/97

Trackback

読書を楽しみましょう。トラックバックさせていただきました。

最新の本をテキトーにコメントしてます。
| 最新本にコメント!批評n比較 | 2006/06/22 2:12 AM |