calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

plofile

categories

latest entries

recent comments

recent trackback

recommend

ARCADIA   (CCCD)
ARCADIA (CCCD) (JUGEMレビュー »)
ジャンヌダルク,yasu,kiyo
yasuさんのボーカルを堪能したい方には、個人的にこのアルバムをお勧めします。yasuさんの声の持つ様々な表情を感じられる曲が揃っています。
全体的にも、不協和音が美しい「心の行方」shujiさんが叩きたくないと思わずもらすほどの最速ツーバス、youちゃん作曲の「WIZARD」など1曲1曲の個性が非常に強いアルバムだと思います。
Z-HARD
Z-HARD (JUGEMレビュー »)
ジャンヌダルク, yasu, Shinobu Narita, kiyo, Masao Akashi, Takeyuki Hatano
このアルバムの収録曲は、本当にライブ映えする曲達ばかり。私の中でライブで化けた曲と言えば「prism」と「Liar」でしょう。
ジャンヌを語る上で外せない曲「救世主−メシアー」も収録。この曲は、この時代のジャンヌが世間と音楽業界に「孤独な戦い」を挑んでいた象徴のような気がします。だからこそ私は、ライブでのこの曲の一体感が感動的に思えるのです。
D・N・A
D・N・A (JUGEMレビュー »)
ジャンヌダルク, kiyo, 秦野たけゆき, yasu, 明石昌夫, you
今までのフルアルバムの中でも、初めて聴いた時の衝撃はこのアルバムが1番ではないでしょうか。
インディーズでの流れをふまえつつ、かつハードな面も切ない面もより強調されていてJanneDaArcとしての成長を感じました。メジャーデビューするとはこういうことなのか!と妙に納得。どの曲も全く色褪せませんが、個人的にはring,
JunkyWalker,
Lunatic Gateがお気に入りです。
CHAOS MODE
CHAOS MODE (JUGEMレビュー »)
ジャンヌダルク, yasu, kiyo
初プロモ!「R−TYPE〜瞳の色」が入ってます。2005年の城ホールの1曲目に「Strange Voice」が来た時はほんとに鳥肌ものでした。そうそう、この時yasuさんの頭はやきそばです(笑)
Resist
Resist (JUGEMレビュー »)
ジャンヌダルク, yasu, kiyo, you
言わずと知れた名曲
「Stare」が入っているのがこのアルバム。でも私にはyasuがkiyoをつなぎとめた(?)必殺「Lady」もなくてはならない1曲です。
Dearly
Dearly (JUGEMレビュー »)
ジャンヌダルク, yasu, you, kiyo, ka-yu
私がジャンヌを知った記念すべき1枚。
つくづく名曲揃いですが、私はSpeedでka−yuさんにはまったと言っても過言ではないでしょう。
容疑者Xの献身
容疑者Xの献身 (JUGEMレビュー »)
東野 圭吾
個人的には、湯川先生は
谷原章介さんがはまり役だと思うんだけどな〜。
変身
変身 (JUGEMレビュー »)
東野 圭吾
主人公を玉木宏に当てはめて読むと、想像だけで玉木宏に
恋することができました。

links

archives

search

mobile

qrcode

sponsored links

others

<< Huntingの魔力 | main | よく笑う人 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | スポンサードリンク |

続 Huntingの魔力

AXの前にさいたまレポを終わらせなさい、という
心の声を無視して旬な方を書く私。

ではでは続きます。

MC
「みんな知ってると思うんですけど、僕たちこないださいたまでライブしたんですよ。
その時知ったんですけど、あのねー最近のジャンヌしか知らないファンが多い!」
客「へぇ〜〜〜〜」
「お前ら「へぇ〜〜〜〜」とか言ってるけど、半分くらいはそうなんやろが!」

ほんと、MC危ういんですけど、
ライブハウスのノリを知らんやつが多い!!みたいこと言ってあおってた。
最初に、やっぱライブハウスの方がいいですね〜とも。
ここではがんがんあおってました。

6、Destination
あ、暴れ曲ということで最近はこれがくるのか〜。と妙に冷静になる私。
ライブ前に陸さんと、
「新曲ばっかりだったらへこみますよね〜」という話を
してたんですけど、なんか新曲攻勢されてますけど〜。
たしかここで、ちらっと後ろ向いたらちょうど陸さんがいて、
顔を見合わせたような… ^^;)
この曲のキーボードも潔くてかっこいいのでkiyoさん見て聴いてた。
あと、たぶんこの曲だ!!
ka−yuさんのがしがし弾く右手の筋肉、めっちゃめちゃいいんですよ!!
右上腕、あのお城のあたりがぴくぴくしてました〜(≧∇≦)
ううっときめく〜!!スラップもなんとか見えました。
左手のマニキュアは黒×赤が交互なんだ〜ということもこの辺でようやく確認。

はい、最後までおつき合いいただける方は、続きをどうぞ☆
7、WILD FANG
好きに暴れていいんやぞー!!!!
というようなあおりがあって、このライブヴァージョンの前奏!!
最初からka−yuさんが熱いのがいい、という
桃さんの言葉をふと思い出す。
ほんとにその通り。熱いじゃないですか、ka−yuさん!!
っていうか、尋常じゃありません、汗が!!
頭振るたび飛び散る汗。ベースからもしたたる汗。
これが人のかく汗ですか!!これぞka−yu汁!!
頭振った時に飛び散るka−yu汁が照明できらきらと光る。
この光景が、全国のka−yu族をときめかせてやまないのです!!
でも、正直ときめき70%で、あとの30%は心配。
この時点でかなりぎりぎりのところで保ってるようなka−yuさん。
そうそう、フロント3人頭振ってましたよね!
それが見たくて、目開けて変な角度で頭振ってましたもん私。
これはかなり歌ってた。自分に言い聞かせる意味もあり、
ka−yuさんを応援する意味もあり、とにかく必死だった。
今日のこの曲は、自分にとってかなり大きい存在かも。
会場のノリも明らかに変わってきた。
ライブハウスにヘドバンの波波波!!!これぞジャンヌのライブ!!

8、seal
あ、sealやるんだ〜。(冷静)
こんなもみくちゃじゃおさるさんになれないし!
でも、デビュー直後のツアーとか普通にこの曲定番でしたよね。
ライブハウスでのsealのノリを思い出せない自分に焦る(汗)
おさるさんは大変なので、普通に拳で応戦。
もうなんだかよくわかんないくらい拳あげてた。
「指の〜」のとこからの振りはもうばっちり(^-^)手回すのほんと楽しい。
ka−yuさんのラップ前の「だだっだだっ」
に合わせてまで拳あげる私。そんなのいくらka−yu前でも私だけだから(汗)

9、Heavy Damage
次の曲でラストです!!しっかり暴れて帰れー!!!
というMCで、なんとなくわかってしまった。
ヘビダメ来るなぁって。やっぱり陸さんと目配せ。
やっぱりメンバーの中で旬なのかな。

ヘドバンの波は最高潮。視界が開けてフロント3人が見やすい見やすい(笑)
これは頭振りますよ!今回はフライングせず拳も2、4であげますよ!
そうだ、全く私事ですが、この辺りで腰に巻いてたカーディガンを落とした
ことに気付いて、ふと我に返ってました(汗)
自分の足下にあることもわかってたので、なんとか拾えないか、
そんなこと考えながらも拳上げてました。
あと、ラスト4曲くらいからずっと、隣の方の肘がちょうど
胸の谷間にエルボー状態で、かなり息苦しくて、さっと肘をどけてみたり。
(さっとしてるつもりが結構押してたかもしれません…すみませんでした。)
その隣の方とは途中、「すみません(汗)!」とか会話しつついられたので
たとえエルボー状態でも全然不快じゃなかったんですけどね。
あぁいうもみくちゃ状態だからこそ、気配りは必要ですよね。

そうそう、たぶんこの曲かどこかで、(いや、もっと前かな)
youちゃんが下手に来てくれたんですよー!!!
「うぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉーーーー!!!!!」(←私)
白いシャツ、爽やかな長髪、汗かいてるのかよってくらい涼しい笑顔。
…にはおよそ似つかわしくない私のフィーバーっぷり(汗)
いやいや、youちゃんが現れた時、下手に涼しい風が吹きました。
確かソロの時はka−yuさんがyouちゃん側に行って
2人並んで弾いてましたね。youちゃんはちゃんとかまってあげてたのかな。
このソロは速弾き炸裂してましたね!
弾きまくるHIROさんをしかと聴いてしまったので、
正直最近の曲のソロだけじゃ物足りなかったけど、
これでyouちゃんの炸裂具合も堪能できたかも。良かった良かった。


間髪入れずアンコール。
普段からこのくらい揃えばいいのに〜。なんて(汗)
私も普段ならとても出ないような声でアンコール。
途中で陸さんの方向いて「ka−yu汁見ました??ka−yu汁!!」
と、一人ka−yu汁という単語を連発してました(*_*)

けっこうすぐに明かりがつき、shujiさんが登場!!
そのままドラムセットへ。
なんと!予定にはなかったドラムソロを披露してくれました!!
パターンは、今まで聴いたことのある感じだったけど、
こんなに近距離でshujiソロを聴けるなんて!!
ほんとに貴重。間近で重低音。ほんとに音が大きくて迫力ありますね。

再度メンバー全員登場。
ka−yuさんは、当たり前のごとく上半身裸で登場。
………!!!!!!ka−yu前の面々にものすごいどよめきが!!
増えてるよ!タトゥー!!!背中にマリア様がいるー!!!
マリア様しょっちゃったよ〜ka−yu!!

「ジャンヌダルクの持ち時間押してるんやからなー!」みたいな話もありつつ。
暴れる曲。妙にふくらむ期待。
そして、聴き覚えのあるドラムのフレーズでスタート。
こっ!!これはっっ!!!
来たーっ!!Hunting!!!!!
なんだろ、このわくわく感は。陸さんと顔見合わせて感動。
前奏からka−yu前はヘドバン絶好調。
私は最後しか頭振りませんが、なんだかんだ動いてました。
なんか、ずっとka−yuさんに向かって拳突き上げてたような…。
「私を食べさせてあげるわ♪」とか真顔で歌ってましたよ(汗)
サビ前のkiyoさんのグリスに、一人小躍りしてました。きゅ〜〜〜ん。
なんか、最後に向かって徐々にくる、このわくわく感がいいですよね。
そうそう、たぶんyasu&ka−yuは絡んでました。
yasuさんがka−yuさんの足下にすりよってました。
足下と言えば聞こえはいいですが、実際はもっとエロエロな感じです(笑)
ここ以外にもけっこうこの2人は絡んでたような。
そうそう、yasuさんは飲んでたペットボトルの水を
yasu汁風(わかりますか?むしろ、この卑猥さをわかってください)
にしてka−yu前の我らに飛ばしてくれました。
ちょっとかかって普通に嬉しい(笑)

そして大好きなkiyoソロ。
yasuさんは決して「kiyoちゃーん!」とは言わないんですよね(笑)
さっとkiyoさんに向かって手を広げるいつもの仕草。
…!?……!!??
音が小さぁぁぁぁぁぁい!!!!!
許せぇぇぇぇぇぇぇぇん!!!!
っていうか、kiyoソロの入りの音が小さいって
個人的にしょっちゅうあるんですけど。
場所が悪いのか。それとも耳が悪いのか。
これが聴きたくてうずうず待ってるのに!!
仕方ないから熱く弾くkiyoさんの姿をしかと焼きつける。
なんとか最後の最後で音量上がったからいいものの、
どうしてソロなのに音が小さいのー!?
こないだ楽器屋さんでMOTIF EX6を発見して
このソロを真似してみたんですけど、あの左手の操作が意外に難しいんですよ。
kiyoさんの、あの左手が神ですよね、個人的に(笑)

そしてラストに向かってyasuさんのハイトーン。
この声を聴かないと気持ち盛り上がりません!
なんか、ka−yu前、拳をあげるテンポが明らかに走ってます(笑)
いい感じですね。そして、ヘドバンターイム!!
いっつも私はyouちゃんを聴きながら振ってます。
フロント3人のヘドバンも確認してからいきましたよ。
そして、ふた回し目。来たーーーーっっっ!!!!!
っていうか、この雰囲気ならいかないはずはなし!!
ka−yuさんふらふらなのは明らかだけど、もう少し頭振らせてー!!
ホールなら余裕持って振れるけど、
このもみくちゃな状況では、容赦なく首のみでいくしかないでしょう!!
明日のことは考えんなよ〜!!という、
いつしかのyasuさんの言葉が頭をよぎります。
明日は飛行機で札幌帰って午後から仕事…という理性はこのハコでは吹っ飛びます。
最後はyouちゃん鬼のように、とりつかれたように弾きまくってて、
それがなんだか嬉しかった。テンション上がる〜!!

最後はえさまきたくさんして、ライブ終了。
kiyoさん、いったい何枚持ってるの??
やっと至近距離でkiyoさんの笑顔が見れました。
顔丸かったね…。(陸さん談。)
ka−yuさんはライブ中にもかなりの数まいてたかも。
いろいろもみくちゃで、私の体力的にはこの曲数で限界だったかも。
でもなんだか、終わりよければすべて良し。
Huntingの魔力で、さいたまから2DAYSだった
私の東京遠征は無事すっきりと、大満足で幕を閉じました。
ホールと、ライブハウス。どっちも大切ですね、ほんと。
でもほんと、最後にHunting聴けて良かった〜。

メンバーさん、スタッフさん、本当にお疲れさまでした!
読んでくれたみなさまも、本当にお疲れさまでした!
1日で書き上げた自分、ほんとにお疲れ〜!

| JanneDaArc | 01:10 | comments(4) | ゆうたん |

スポンサーサイト

| - | 01:10 | - | スポンサードリンク |

Comment

管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2006/06/10 5:48 PM |
Destinationの時のka-yuさんの
腕筋には惚れますよね!
そして、飛び散る汗にときめく心。
もう今、朱音さんと抱き合って分ち合いたい心境です(笑)
sealの時は以外に冷静だったんですか?
私は、今になって連続で聴けるなんて、
とっても妙な感覚でした。
「Huntingの魔力」って、とってもいいタイトルですね☆
終わった後の、あの爽快感はなんでしょう?
まさに魔力っす(笑)

kiyoさん丸かったよね……
あの笑顔は、もうありがた〜い次元だったもの(笑)
| | 2006/06/10 3:13 AM |
超個人的なレポなのに、読んで頂いてありがとうございます!!
楽器は、ちゃんと知ってる人からしたらかなり怪しいです(汗)音色は、好きな音しか入ってこないんですけど、こういう聴き方になったのは半分以上kiyoさんの影響だったりします ^^;)

shujiさんはかなりかわいかったですよ〜(笑)でも、AXでのドラムソロは相変わらずすごかったです☆

そうそう、WILD FANGの前奏始まった時、即桃さんの言葉が浮かんだんですよ。ほんとにすごかったです、ka−yu汁(笑)背中のマリアのタトゥーにもびっくり仰天でした。あの初お目見えの時の、ka−yu前のどよめきを聞かせてあげたいくらいです。

早くさいたまのアンコールまで書き終えたいと思います(>_<)
| 朱音 | 2006/06/04 9:21 PM |
こんばんは☆
ようやくたまアリ&AXのレポ読みにきました♪
朱音さんのレポは楽器のレポが凄くて感心しきり。
私はホンマに音の違いもよくわかんないし
楽器の名称も知らないので(汗)
朱音さんの楽器&音色レポ見ながらライブを見たいくらいです。
あぁ映像化早く決定しないかな〜。
たまアリでは何気にshujiさんの行動にツボりましたv
10代で手を上げつつスルーされてるとことか
MCでつるんと滑ってるとことか(笑)
無性に可愛く感じてしまいましたvv

そしてAXレポで突然自分の名前が出てきてビックリ(笑)
いや〜何気ないとこで思い出してもらえるのって
嬉しいですね(*´∀`*)
ライブお疲れ様でした!
| | 2006/06/03 11:14 PM |

Send a message










Trackback URL

http://akanegoto.jugem.jp/trackback/89

Trackback