calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

plofile

categories

latest entries

recent comments

recent trackback

recommend

ARCADIA   (CCCD)
ARCADIA (CCCD) (JUGEMレビュー »)
ジャンヌダルク,yasu,kiyo
yasuさんのボーカルを堪能したい方には、個人的にこのアルバムをお勧めします。yasuさんの声の持つ様々な表情を感じられる曲が揃っています。
全体的にも、不協和音が美しい「心の行方」shujiさんが叩きたくないと思わずもらすほどの最速ツーバス、youちゃん作曲の「WIZARD」など1曲1曲の個性が非常に強いアルバムだと思います。
Z-HARD
Z-HARD (JUGEMレビュー »)
ジャンヌダルク, yasu, Shinobu Narita, kiyo, Masao Akashi, Takeyuki Hatano
このアルバムの収録曲は、本当にライブ映えする曲達ばかり。私の中でライブで化けた曲と言えば「prism」と「Liar」でしょう。
ジャンヌを語る上で外せない曲「救世主−メシアー」も収録。この曲は、この時代のジャンヌが世間と音楽業界に「孤独な戦い」を挑んでいた象徴のような気がします。だからこそ私は、ライブでのこの曲の一体感が感動的に思えるのです。
D・N・A
D・N・A (JUGEMレビュー »)
ジャンヌダルク, kiyo, 秦野たけゆき, yasu, 明石昌夫, you
今までのフルアルバムの中でも、初めて聴いた時の衝撃はこのアルバムが1番ではないでしょうか。
インディーズでの流れをふまえつつ、かつハードな面も切ない面もより強調されていてJanneDaArcとしての成長を感じました。メジャーデビューするとはこういうことなのか!と妙に納得。どの曲も全く色褪せませんが、個人的にはring,
JunkyWalker,
Lunatic Gateがお気に入りです。
CHAOS MODE
CHAOS MODE (JUGEMレビュー »)
ジャンヌダルク, yasu, kiyo
初プロモ!「R−TYPE〜瞳の色」が入ってます。2005年の城ホールの1曲目に「Strange Voice」が来た時はほんとに鳥肌ものでした。そうそう、この時yasuさんの頭はやきそばです(笑)
Resist
Resist (JUGEMレビュー »)
ジャンヌダルク, yasu, kiyo, you
言わずと知れた名曲
「Stare」が入っているのがこのアルバム。でも私にはyasuがkiyoをつなぎとめた(?)必殺「Lady」もなくてはならない1曲です。
Dearly
Dearly (JUGEMレビュー »)
ジャンヌダルク, yasu, you, kiyo, ka-yu
私がジャンヌを知った記念すべき1枚。
つくづく名曲揃いですが、私はSpeedでka−yuさんにはまったと言っても過言ではないでしょう。
容疑者Xの献身
容疑者Xの献身 (JUGEMレビュー »)
東野 圭吾
個人的には、湯川先生は
谷原章介さんがはまり役だと思うんだけどな〜。
変身
変身 (JUGEMレビュー »)
東野 圭吾
主人公を玉木宏に当てはめて読むと、想像だけで玉木宏に
恋することができました。

links

archives

search

mobile

qrcode

sponsored links

others

<< youちゃん目当てでFOOLSMATE | main | しみじみ「的な」 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | スポンサードリンク |

アニメ版NANAスタート

やばい、ヤヴァイ…。
「吾○ちゃん」で検索されてしまった…(汗)
個人的に○MAPの吾○ちゃんは好きですが、
検索されても全く御期待にそえません。すみませーん(涙)

ということで、NANAのアニメがスタート。
第一印象。ブラストの曲なかなかいいですね。
映画よりもパンク寄りで、ブラストらしい感じがする。
でも、土屋アンナさんって意外と声細いんですね。
私のナナのイメージは「話す声はそこまで低くなく、歌声がパワフルかつハスキー」
なので、ちょっともの足りない雰囲気もありつつ。
そして、あのサビのハモリは誰だ〜!!?とか妙なとこ気にしちゃうんですけど(笑)
やっぱりノブか。ヤスのコーラスとか「ウォー」とか聴いてみたい(笑)
「ウォー」ってあれですよ、パンクとかメロコアのサビを想像してくださいね(汗)

少し辛口気味かもしれないので、
ここからは続きをどうぞ〜。

あ、追伸。
今日の食わず嫌い、荒川静香VS横浜の多村選手。
豪華な組み合わせで楽しませてもらいました。
二人とも素敵。多村選手、愛妻家ですね〜。
私ももし喧嘩するようなことがあったら、カレー作って待ってようかな。

奈々、やたらとアニメ声だな〜。
ナナは思ったよりやたらと低いし、何より章司の声が…おおおおっさん!?
…失礼しました。
声は、みんなそれぞれのイメージで原作読んでるだろうから
なかなか難しい所ですよね。だんだん慣れていくものかな。
でも、SLUMDUNKのりょーちんと仙道さんの声は、
絶対慣れれなかったですけどね!
あと、アニメ特有のバックミュージックにも激しく違和感。
章司とのなれそめを語るシーンで悲し気な音楽とか
逆におもしろかったです(汗)

セリフとか展開、服とか小物まですごく原作に忠実でそこはすごく楽しみ。
次のセリフは何だ〜とか予想しながら見れました。
奈々の心の声も忠実に再現されてて良かった。
映画では心の動きが省かれてた分、奈々がただのわがまま娘に見えてしまった
所があって、それがすごく残念だったので。
奈々だっていろいろ考えて、いろいろ悩んでるんだってアニメならうまく伝わるかな。

レイラ&トラネスはどんぴしゃです!!
さすがOLIVIA!!
曲の雰囲気もトラネスメンバーの弾いてる姿が浮かぶ曲だったし。
映画の方は、曲自体はいいし、伊藤由奈さんも素敵だったけど、
なにより曲がトラネスらしくないように感じた。
矢沢あいさんも、トラネスのイメージはかなり激しいロックバンドで、
そこにレイラの高音が乗ることが魅力、のようなことを言われていたし。
それがアニメの方ではうまく表現できるのでは。
どっちのバンドもライブシーンが楽しみです♪

来週からも楽しみ。しっかりチェックしていきます♪
あくまで私の個人的な感想なので、違和感感じた方はすみませんでした(汗)


| NANA | 23:47 | comments(0) | ゆうたん |

スポンサーサイト

| - | 23:47 | - | スポンサードリンク |

Comment

Send a message










Trackback URL

http://akanegoto.jugem.jp/trackback/58

Trackback