calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

plofile

categories

latest entries

recent comments

recent trackback

recommend

ARCADIA   (CCCD)
ARCADIA (CCCD) (JUGEMレビュー »)
ジャンヌダルク,yasu,kiyo
yasuさんのボーカルを堪能したい方には、個人的にこのアルバムをお勧めします。yasuさんの声の持つ様々な表情を感じられる曲が揃っています。
全体的にも、不協和音が美しい「心の行方」shujiさんが叩きたくないと思わずもらすほどの最速ツーバス、youちゃん作曲の「WIZARD」など1曲1曲の個性が非常に強いアルバムだと思います。
Z-HARD
Z-HARD (JUGEMレビュー »)
ジャンヌダルク, yasu, Shinobu Narita, kiyo, Masao Akashi, Takeyuki Hatano
このアルバムの収録曲は、本当にライブ映えする曲達ばかり。私の中でライブで化けた曲と言えば「prism」と「Liar」でしょう。
ジャンヌを語る上で外せない曲「救世主−メシアー」も収録。この曲は、この時代のジャンヌが世間と音楽業界に「孤独な戦い」を挑んでいた象徴のような気がします。だからこそ私は、ライブでのこの曲の一体感が感動的に思えるのです。
D・N・A
D・N・A (JUGEMレビュー »)
ジャンヌダルク, kiyo, 秦野たけゆき, yasu, 明石昌夫, you
今までのフルアルバムの中でも、初めて聴いた時の衝撃はこのアルバムが1番ではないでしょうか。
インディーズでの流れをふまえつつ、かつハードな面も切ない面もより強調されていてJanneDaArcとしての成長を感じました。メジャーデビューするとはこういうことなのか!と妙に納得。どの曲も全く色褪せませんが、個人的にはring,
JunkyWalker,
Lunatic Gateがお気に入りです。
CHAOS MODE
CHAOS MODE (JUGEMレビュー »)
ジャンヌダルク, yasu, kiyo
初プロモ!「R−TYPE〜瞳の色」が入ってます。2005年の城ホールの1曲目に「Strange Voice」が来た時はほんとに鳥肌ものでした。そうそう、この時yasuさんの頭はやきそばです(笑)
Resist
Resist (JUGEMレビュー »)
ジャンヌダルク, yasu, kiyo, you
言わずと知れた名曲
「Stare」が入っているのがこのアルバム。でも私にはyasuがkiyoをつなぎとめた(?)必殺「Lady」もなくてはならない1曲です。
Dearly
Dearly (JUGEMレビュー »)
ジャンヌダルク, yasu, you, kiyo, ka-yu
私がジャンヌを知った記念すべき1枚。
つくづく名曲揃いですが、私はSpeedでka−yuさんにはまったと言っても過言ではないでしょう。
容疑者Xの献身
容疑者Xの献身 (JUGEMレビュー »)
東野 圭吾
個人的には、湯川先生は
谷原章介さんがはまり役だと思うんだけどな〜。
変身
変身 (JUGEMレビュー »)
東野 圭吾
主人公を玉木宏に当てはめて読むと、想像だけで玉木宏に
恋することができました。

links

archives

search

mobile

qrcode

sponsored links

others

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | スポンサードリンク |

Mr.Trouble Maker

JanneDaArcの速弾き玉子、youちゃんの
御生誕記念日が近付いてきましたね(^0^)むふふ♪
youちゃん作曲の曲を語ろうか、
ギターソロが大好きな曲について語ろうか。
まぁどっちも含まれてるのがいいかな〜ってことで、
今日はこの曲を語らせていただきます。

「Mr.Trouble Maker」

ちなみに、シリーズ化にしようとしても続いた試しがないので
「youちゃんを語る」はとりあえず単発で。
続きは後日、とか決して言いません ^^:)


この前奏、JOKERで初めて聴いた時はかなりの衝撃でした。
ここで、こういう曲来るか!!がっつり頭振る系!!
youちゃんの持つ、youちゃんらしい激しさが炸裂ですよね。
他のメンバーが創ってもこうは来ないだろう。
メロディーとか展開とか、youちゃんは
激しい曲に関しては1番マニアックに創る人のような気がします。
kiyoさんは、速くて激しい曲は意外とストレート…じゃないですか?

少々長めなので、続きはこちらへ↓
続きを読む >>
| 勝手にジャンヌ曲紹介 | 23:41 | comments(2) | ゆうたん |

kiyo祭りその2 survive?

kiyoさんが作った正統派な曲と聞いたことがありますが、
これはもう、kiyo香(きよか?)ぷんぷんですよね。
このデジタルな感じを出せるのはジャンヌではkiyoさんしかいない。
前奏聴いた瞬間
「うわー!もろkiyo曲!!」と思いうずうず。
kiyoさんが創る曲は、だいたいベースがかっこいい!
間奏の、一筋縄ではいかない感じのスラップには驚愕です。
スラップka−yuさん、1度は生で見てみたい。
ギターはすごくとげとげしい感じ。ソロ前のぎゅいいいいいいん!!って音とか
不協和音狙かってくらい耳に飛び込んできます。(すごく褒め言葉です)
もう、いろんな音がつまってて、音の洪水好きな私にはたまらない。
でも、頭がいっぱいな時は、その洪水を受け止め切れなくて
わけわかんなくなってしまうこともある。
ほんとに、いつ聴いても新しい発見があるような、そんな曲です。
そしてこの曲、ドラムもすごくメロディアスな気がしませんか。
こういうフレーズ細かい感じのは、個人的に大好きです。
「正統派」と言われるゆえんは、サビに向かってしっかり盛り上がっていく
曲の流れなんでしょうかね。
「仮面」みたくサビで落ちたら正統派とは言えないですもんね(笑)

そうそう、このkiyoさんが何かを吐き出してるような歌詞。
私も平穏や平凡に愛されてるタイプだと思いますが、
音楽業界では、それではうまくいかないことも多いのでしょうか。
それとも音楽業界に限らずかな。
kiyoさんの歌詞はすごく人間くさくて好きです。
個人的に、何かピンと来ることが多いんです。



kiyo風呂が読めないのはやっぱり寂しいです(>_<)
| 勝手にジャンヌ曲紹介 | 21:45 | comments(2) | ゆうたん |

仮面 ー隙間の美学ー

遅ればせながら、今月はJanneDaArcの素敵すぎるキーボーティスト
kiyoさんの誕生月ではないですか!(遅…)
今日からkiyoさんの誕生日までの1週間あまり、
勝手にkiyoさんを強化します!!
と言ってもどう強化すれば良いのやら…。
私にできること。
個人的にkiyoさんの曲を熱く語っていきたいと思います。
まずはこの曲

「仮面」

私が隙間の美学に目覚めた曲です。
GAIA辺りから、音の足し算ばかりではなく、引き算も覚えた、と
語っているkiyoさん。
当時の私はその引き算が、かえってそれぞれのせめぎあいをなくして
曲がスリリングじゃなくなったり、曲の勢いを奪うんじゃないかと不安でした。
当時のジャンヌには、音の勢いやぶつかりあい(いい意味で)は
なくてはならないものだと思っていたので。
その後、余計な音のぶつかり合いが、それぞれの音を殺してしまうということは
徐々に気付けるようになってきましたが、
ほんとに音の隙間、音の鳴らない部分まで意味がある!と思えたのは
この曲がきっかけです。
隙間があるからこそ、一つ一つの音に存在感があり、意味がある。
どの音が欠けてもこの曲は表現できない。
そんなものすごいオーラがこの曲にはある。

ってことで、もうちょっと語らせてくださ〜い。
続きを読む >>
| 勝手にジャンヌ曲紹介 | 21:50 | comments(0) | ゆうたん |

JanneDaArcを語る!その2「Speed」

いやー、こないだ「丸井」とか「三越」とか
kiyoさんにお勧めしてみたところ、異様にリンクが増えてしまい、
正直動揺しています(汗)
ほんと、三越狙いで来た方期待外れですみません。
今日我が家に届いたベルメゾン春夏号のカタログに
「よくばりデリカ」なる冊子がついてきました。
おいしいものが毎月届くらしいですよ。
「京の抹茶スイーツの会」だって!!!
くーっっっっ涙でる!!!kiyoさんの気持ちがちょっとわかっちゃった。
どうも「抹茶」だの「黒蜜」だのの響きに弱い私です。
「チーズケーキの会」もありましたよ、kiyoさん♪

ってことで今回は「Speed」特集です!

私のジャンヌワンマン初参加の1曲めが何を隠そうこの「Speed」でした。
もみくちゃになりながら必死でka−yuさん見てました。
したら3曲目で将棋倒しで中断。ka−yuさん激怒。
ちょうど7年(!)くらい前のことですがはっきり思い出せます。
私にとって「Speed」=ka−yuと言っても過言ではないです。
そのくらいこの曲からはka−yuさんの痛い、切ない何かが伝わる気がする。
初めてこの曲聴いた時からものすごくひっかかる物があったんです。
初ライブで聴いて以来しばらくライブで聴くことがなかったのですが
久しぶりにデビュー1周年の大阪BIGCATの本編ラストで
ka−yuさんがSpeedの前奏のベース弾き始めた時は本気で倒れそうでした。
「すっっ、Speed終わり!!?」
もう、自分の感謝と熱さを伝えようとひたすら頭振り続けたような気がします。
タイトルの通り、この曲の売りは疾走感、勢い、
そして痛々しさ、切なさなのかなぁと思ってます。
1番最近聴いたのは「JOKER」の広島のアンコール。
まさか聴けると思ってなかったのでにんまりしちゃいました。
アンコールは「ヴァンパイア+Speed」の切なすぎる組み合わせで
なんか力尽きそうでした。

続きを読む >>
| 勝手にジャンヌ曲紹介 | 00:00 | comments(0) | ゆうたん |

JanneDaArcを語るその1〜「Judgement 死神のkiss」

kiyoさん、北海道物産展に狂喜乱舞していただきありがとうございます(笑)
道民としては普段いかにおいしいものに囲まれて生きてるか
いまいち実感ないんですね。
お寿司とか回転してても普通においしいし。
私、酪農の町で生まれ育ったので牛乳にはちょっとうるさいです。
youちゃんの利き水みたく「利き牛乳」してみたいなぁ。
あのびん牛乳のびんのふちについてる牛乳のかたまり(…わかりますか?)
を、指ですくいとって食べる瞬間…笑いが止まりませんっっっ!!
これは指で食べるのがポイントです。むふふ。
…つくづくkiyoさんはおいしいものレポーターになれるわー。
おいしいものレポーターへの道は遠い。


そして何気に始まるジャンヌの曲を熱く語るこのコーナー(笑)
モチベーションを高めるためこの曲からいきます!!

「Judgement 死神のkiss」


もうこの曲には思い出がつまりすぎです。
初めて聴いたのは札幌メッセホールのショックウェイブの時(1998年確か8月)
歌に入り損ねたyasuさんが
「オレちゃうって!!まちがったのshujiやって!!」
と言い訳しまくり仕切り直したこと。
2度目に聴いた札幌初ワンマンで、頭振り過ぎて2回も後ろに転がってしまったこと。
転がった後の爽快感。
「この5人といると楽しい」、と心底思わせてくれた。
BREAK OUT祭りの武道館で必死で歌う赤いシャツのyasuさん。
どこで声が裏返るか覚えちゃうほど何回もビデオを見直した。
頭振り過ぎて、
「この人転落するんじゃないの…?」と思わず心配してしまうほど激しいkiyoさん。
でもそんなkiyoさんの姿が大好きで実はぞくぞく泣きそうになってました。

続きを読む >>
| 勝手にジャンヌ曲紹介 | 02:15 | comments(1) | ゆうたん |